QLOOKアクセス解析

大山倍達と木村政彦

大山倍達と木村政彦
偉大すぎて、強すぎて。
でも、暗い影があったりして。
悪口言うヤツも沢山いますが
史上最強以外何物でもない
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

T.Imaizumiさん

ルスカも奥さんの為に・・・
みんな、金の為に墜ちて行ったんでしょうか。
プロレスラーも格闘家を負け役にして、不動の地位を確立するのが
一番手っ取り早いんでしょうけど、昔は真剣勝負と思わせてたんですから、強いのに、弱く見られ、柔道自体も、所詮プロレスラーにかかったらなんてことないってみんな思ってたろうし。
負け役を引き受けなくてはならなかったんでしょうけど、やるせない気持ちになりますね。

No title

私も昨日買って飛ばし飛ばし読んだんですが、大変に興味深い一方で、プロレスのえげつなさというのがよく見えましたね。木村と一緒にプロ柔道をやっていた出口一(ミスター珍)が、プロレスラーは本気じゃないからお互い本当の尊敬は出来ないんだよ、と言ってたことを思い出しました。木村の心理分析がどの程度妥当なのかは分かりようもありませんが、ガチンコで無敵の人間がガチンコでないものによって人間的余裕を失っていったというジレンマが「殺さなかった」ことと繋がっていたと私なりに受け取りました。
ヘーシングを負け役にした馬場、奥さんの治療費に困っていたルスカを負け役にした猪木、北尾をブック破りで蹴り倒した高田…、ガチンコでないことへのコンプレックスという暗~い闇を見てしまったようななんかいやーな気分になってしまった部分もあります。そこも含めて面白かったんですがね。長文失礼。

アキレス爺さん

僕も読み終えました。
凄く面白かったです。
時代が、木村先生に純粋な勝負師でいさせなかったのか?
まあ、木村先生もプロレス体質があったんだと思いますけど。

長い

『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』はやっと読み終わりました。最後まで緊張感が漂う興味深い本でしたよ。木村政彦だけでなく,明治以降の柔術の流れも好く判って,非常に面白かった。そして凄いヒトだね。
『柔道教室』はざっと観ただけ,これから研究してみます。背負い投げの釣り手の位置が凄いね。






アキレス爺さん

僕も、まだ読んでる途中ですけどね。
柔道教室の方はどうでしたか?

オウ

木村政彦の映像は前にあげた高専柔道の映像だね。本は買いました。内容が愉しみだよ。早速読みます。

プロフィール

今木彦次郎

Author:今木彦次郎
尊敬する人物
大山倍達 木村政彦

好きなミュージシャン
浜田省吾 尾崎豊

特技
テナガエビ漁 干物作り

得意技
大久保式アキレス腱固め
がぶり返し

好きな食べ物
もつ焼き 焼酎ハイボール

165cm 65kg 
東京都在住

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村